開学記念式典

皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网3年度 福岡女子大学開学記念式典

お世話になっている卒業生や関係者の皆様へ日ごろの感謝の気持ちを込めて毎年開催しています。今年はこちらのWebページにて開催します。

学長挨拶

福岡女子大学学長 向井 剛

福岡女子大学開学記念式典の
WEB開催にあたり

 開学記念式典とホームカミング?デイは、「振りむけば未来(Back to the Future)」の言葉どおり、大学の将来像を長い歴史の振り返りの中に描き、楽しく語りあう日であります。本来ならば、これまでの発展を支えていただいた方々、卒業生、教職員一同が、新しくなった香住ケ丘のキャンパスに集まり、交流しあうところです。しかし、今なおコロナ禍の収束が見通せません。残念ながら、今年度はWEBによる開催となりました。社会全体が息をひそめる状況でありますが、福女大は、様々なご支援を頂きながら安全と安心に最大の注意を払い、学生教育と研究活動あるいは社会貢献に怠るところはありません。開学100周年を2年後に控え、いっそうの躍進を期するところです。

 この4月には、梶山千里先生の後を継いで私自身が学長の任を務めることになりました。開学記念式典を開催するにあたり、私自身の抱負を直接語らねばなりませんが、ここでは、前学長が推し進められてきた「プライドとユニーク」の考えを継承し、さらにそれを発展させることをお約束して、詳細は次回の式典の折に1年の成果とともに紹介させていただきます。

 100周年(2023年)に至る2年の間に、様々なプレイベントや取組みが企画されています。関係者が一丸となって、創立の節目を寿ぎ、次の百年に乗り出す大きな展望を持ちたいと思います。その準備態勢は十分であり、更なる躍動の「機は熟した(Ripeness is all)」であります。

 WEB式典では、例年行われる各種表彰に加え、『100周年記念誌』編纂室のスタッフと学生が企画した「香椎と寮とその暮らし(寮の今昔)」の展示風景(皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网3年3月17日~4月18日開催)がご覧になれます。また、式典の中核には、新旧学部を知る月野文子名誉教授によるメッセージと「コミュニケーション手段としての和歌 万葉歌に学ぶ「機知」と「機微」」と題するご講演が置かれています。どうぞ先生の鶴声に耳を傾け、万葉の世界に想像をお広げください。

 次年度こそ、キャンパスでお会いしたいと思います。

名誉教授の称号授与について

本学に多年勤務し、教育または学術において特に功績のあった方に名誉教授の称号を授与します。
皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网3年4月1日付で下記の方に称号を授与しました。

第67号 理事長兼学長 梶山千里

 本学の理事長兼学長として2011年4月1日に着任し、10年もの間、大学改革を力強く牽引し続けた。本学の目指すべき教育?研究のあり方や組織の行動様式を「福女大のユニーク」と定義し、「教育?研究活動?国際連携」「施設」「事務?組織体制」「将来構想」の4つの分野を重点的に改革した。全寮制とWJCプログラムにより留学生を受け入れることで、キャンパスの国際化を推進し、同時に床面積の90%を改築する工事を実施することで教育?研究環境を大きく改善した。新しくなった校舎には美術品を展示し、学生?教職員の精神文化の醸成、感性教育に活用している。また、従来型の大学組織を刷新し、教員と職員が一緒になって教育研究と大学運営に携わる「教職協働組織」に変え、ともに協働して2023年の本学設立100周年に向けた将来構想事業を進めている。同氏の打ち出す改革案は斬新であり、本学を大きく発展?進化させることに寄与した。?

【本学における職歴】

理事長兼学長 2011年4月1日~2021年3月31日 10年

第68号 国際文理学部 中村強

 本学人間環境学部教授として、2010年4月1日に着任し、11年間本学の教育研究にあたる。その間、国際文理学部長、大学院人間環境科学研究科長などを歴任し、本学の運営の中心的役割を果たした。また、教育分野においては「基礎栄養学」、「基礎栄養学実験」等を担当し、熱意をもって多くの学生を指導してきた。学術分野においては「非アルコール性脂肪性肝炎」について抗酸化物質や特定のアミノ酸代謝との関連に着目し、これらの栄養素の積極的な投与により、好ましい効果が期待できることを解明した。これは、日常の食生活改善による疾病予防や臨床現場での栄養補給法の改善に役立てることができ、栄養学の進展につながることが期待されている。

【本学における職歴】

教授 2010年4月1日~2021年3月31日 11年
国際文理学部設置準備委員会委員 2010年4月1日~2011年3月31日 1年
食?健康学科 学科長 2011年4月1日~2012年3月31日 1年
2015年4月1日~2016年3月31日 2年
国際文理学部 学部長 2017年4月1日~2019年3月31日 2年
大学院人間環境科学研究科 研究科長 2019年4月1日~2021年3月31日 2年

記念講演

月野名誉教授のご講演を動画でお届けします。このページだけの限定公開です。

講演
月野文子 福岡女子大学名誉教授
演題
『コミュニケーション手段としての和歌 -万葉歌に学ぶ「機知」と「機微」』
講師紹介

 万葉集をはじめとする日本古典文学、中国古典文学を専門とする。万葉歌の遊戯性と即興性に焦点をあて、コミュニケーション手段としての和歌の本質を研究してきた。
平成5年4月 本学に着任。皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网2月3月に退官するまで27年もの間、学部?大学院の教育指導にあたりながら、大学運営としても文学部長、国際文理学部国際教養学科長、大学院人文社会科学研究科長、女性生涯学習研究センター長、学術情報センター(図書館)長等の要職を歴任。特に、国際文理学部国際教養学科や大学院人文社会科学研究科の設置運営では中心的役割を担い、本学の文理統合教育の実現に多大なる貢献をした。皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网2年4月 本学名誉教授の称号を授与される。

皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网3年度教職員?学生表彰について

本学では毎年、前年度の学術研究や業務実績が特に優れていた教職員?学生を表彰しています。今年度は下記の方が表彰の対象となりますので、業績とともにご紹介します。これらの方には後日、理事長兼学長から表彰状が授与されます。

表彰対象者

【教職員】

氏名等 表彰理由
IR?情報化推進センター [秀抜労功表彰]
全国的に蔓延するコロナ禍の中、極めて短期間で遠隔授業を実施するため、必要機材の調達、教職員ICTセミナーの実施、各種マニュアルの整備、テスト配信、学生オンラインサポーター制度の立案?指導などを行うとともに、遠隔授業中も迅速できめ細やかなサポート?改善を行った。また、外国人留学生選抜では、面接だけではなく小論文もオンラインで実施するなど、「福女大のユニーク」と呼ぶにふさわしい取り組みで、本学の重要課題である留学生の確保を実現した。

【学生】(学年は皇冠足球体育_足球比分直播¥中国竞彩网3年3月現在)

氏名等 表彰理由
人間環境科学研究科2年
宮崎 真緒
[学術研究活動]
食品における抗酸化物の利用に関して極めて新規性の高い研究成果を得た。「日本農芸化学会2020年度大会」では高い注目を集め、今後の抗酸化物の活用と高品質食品の創製に極めて重要な知見となった。
環境科学科4年
松浦 早紀
[学術研究活動]
論題「入院患者の食欲低下の改善に適した皿の大きさや形状」
人間?生活環境系学会誌 「人間と生活環境」 第28巻 第1号掲載予定
皿の大きさや形状の違いによって病院食の視覚的な量感や美味しさ感が変化する可能性についての論文が学会誌に採択され、本学の教育研究の質の高さを示した。
環境科学科3名
菊田 唯
堺 菜々子
中野 佑美
[学術研究活動]
論題「福岡女子大学におけるバリアフリーの現状と課題」
これまで行われてこなかった本学のバリアフリー環境に関する現状を調査により明らかにし、本学障害者支援委員会に報告した。今後、本学のバリアフリー環境の整備を検討する上で重要な知見をもたらした。
食?健康学科1年
藤井 祐那
[課外活動]
「第4回野菜摂取応援レシピ大賞~キャベツを使ったレシピ~」において考案したレシピ『揚げない! たっぷりキャベツのヘルシーメンチカツ』が700点以上の応募数の中から大賞(最優秀1名)を受賞。本学での学術活動の成果を発揮して社会的貢献を果たした。
国際教養学科4年
稲垣 千陽
[課外活動]
第65回全日本学生競技ダンス選手権大会 サンバの部第1位
全国で約3000人の加盟員からなる全日本学生競技ダンス連盟が主催する上記大会にて、創部以来初となる全日本大会優勝を遂げ、本学の名誉を高めた。
食?健康学科3年
「県庁カフェ、鍋チーム」
門前 杏奈、後藤 沙菜
前田 詩乃、山上 楓花
?岡 彩月、吉本 みなみ
[社会活動]
企業、官公庁と連携してメニューの開発に取り組み、実際に販売された。本学の産官学連携に大きく貢献した。

①福岡県庁11階 よかもんカフェメニュー開発
②「はかた地どり」など県産食材を使った地産地消鍋レシピ共同開発
③福岡県産タケノコを使った、よかもんカフェメニュー開発
「音楽表現」履修
有志10名
田口 望
向 美波
太田 彩音
木村 天音
久保山 いちか
坂本 佳蓮
?????????????
松本 凜音
???????????????
渡邉 萌乃子
[その他活動]
「音楽表現」の履修生有志による舞台発表が優れているとして高い評価を受けた。2021年1月21日に本学大学会館で開催し、物語仕立てで話を展開し、ハンドベルや歌、踊りを交えて観客を楽しませた。

100周年記念事業(企画展示)

 本学の100周年記念事業の一環として、企画展「香椎と寮とその暮らし」を図書館棟1Fで行っています。この企画展は、100周年記念誌編纂部会の学生委員吉田小春さん(国際教養学科1年生)が企画?運営の中心的役割を担いました。
今回取り上げます初代香椎寮は、昭和28年から同55年まで本学の学生寮として親しまれ、開学初期から学生生活をサポートしました。本企画展では、初代香椎寮時代のキャンパス風景や寮生活の写真、建築図面、女子大新聞等を通して、初代香椎寮の暮らしを復元しています。あわせて、女専?女子大の寮の歴史を概観することもできます。
展示をご覧いただき、本学の100年の歩みに触れていただければ幸いです。

  • 本編展示パネルの様子

  • 別編コーナー

この椅子は初代香椎寮落成時に作られた椅子です。卒業式当日に、卒業生の田中真衣さん(国際教養学科)が座ってくれました。あなたも腰かけて旧寮生の気分になってみませんか?